ご利用までの事前準備について

①児童発達支援、放課後等デイサービスが受けられるかどうかの確認

児童発達支援を受けるには、身体障がい者手帳療育手帳精神障がい者保健福祉手帳などを持っていることが条件です。持っていない場合でも、児童発達支援の必要性が認められれば児童発達支援を受けることが可能ですので、役所の福祉課、あるいは子育て支援課へ問い合わせください。

②役所で障がい児通所受給者証を交付申請する

身体障がい者手帳などの手帳に加えて、市区町村役所が交付する障がい児通所受給者証が必要です。そのために「障がい児通所給付費支給等申請書」を提出します。そのほかに、印鑑やマイナンバー、障がい者手帳なども必要になります。市区町村によって提出する書類が異なりますので、あらかじめ役所に問い合わせるとよいです。障がい者手帳(療育手帳、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳など)を持っていない場合には、医師の診断書等が必要です。

③面接調査を受ける

交付申請後、市区町村役所の担当者による面接調査が行われます。児童発達支援の施設を利用する子どもも同伴します。お子さんの状況を確認したり、障がい児通所給付費支給等申請書に書かれた内容に相違がないかどうかなどを確認したりします。

④利用計画書を提出する

障がい児相談支援センターが作成した利用計画書を市区町村役所へ提出します。利用計画書はご家庭で作成して提出しても構いません。

⑤障がい児通所受給者証を受け取り、事業所と契約締結する

審査が通ると、障がい児通所受給者証が自宅に郵送されます。申請から受給者証を受け取るまでの期間は役所によって異なりますが、およそ10日前後~1か月程度です。

児童発達支援事業所へ出向いて、利用のための契約を締結して晴れて利用可能となります。